インドネシア、メナド タラサダイブリゾート

日本でのOL生活から一転、インドネシア メナドのダイビングリゾートでダイビング研修。メナドでのダイビングや生活についてお話しています!

インドネシア ソシアルブダヤビザ更新

みなさん、スラマッシアン(こんにちは)。

 

今日はダイビングではなく、インドネシア ソシアルブダヤビザの更新について私の経験したことを書こうかと思います!

 

私はダイビングリゾートで研修中のため就労ビザではなく、ソシアルブダヤビザでインドネシア、マナドに住んでいます。

 

ちなみに簡単にソシアルブダヤビザとは…

ソシアルブダヤビザは30日以上滞在する人にとってはとても良いビザで、スポンサーが必要ですが、毎月更新すれば最大6か月間インドネシアに滞在できます。

ただしこのビザでは働けないので注意してください。

 

私は5か月間研修を受けるので毎月イミグレーションに更新しに行っています。

1回更新するためになんと3回もイミグレーションに行かなければいけません。

1回目:イミグレーションから貰った書類の記入、パスポート等提出(必要なものはのちほど記載します!)

2回目:更新料の支払いと写真、指紋登録

3回目:パスポート、ビザの引き取り

この3回でだいたい1週間あれば問題なく更新完了します。

(ビザの期限が切れるまでにパスポートの引き取りが完了できるように前もって更新手続きを行ってください。現地の祝日で1週間前だと間に合わないこともあるようです。早めに行き過ぎても更新日はきちんと有効期限切れる翌日から30日間の更新となるので、心配な方は早めに行かれてもいいかもしれません^^)

※ちなみに3回ともスポンサー同伴でなければいけません^^;

 

 

更新に必要なもの

・パスポート

・パスポートのコピー(写真のページ、VISAのページ、(2回目の更新以降は更新時に押されたスタンプのページのコピーも必要です。))

・スポンサーの家管轄の役所からpermissionレター(スポンサーに用意してもらいます。)

・スポンサーKTPコピー

・フライトチケットのコピー

・更新料(2回目訪問時に必要)

・Materaiスタンプ(インドネシアの収入印紙)

・黒インクのボールペン(他の色で書類記入すると申請出来ません。)

 

 

1回目の訪問時イミグレーションからもらう書類は以下となります。

・Form of Extension VISA

表面

f:id:satodiving:20170420194339j:plain

裏面

 

f:id:satodiving:20170420210422j:plain

・SURAT PERNYATAAN DAN JAMINAN 2種類 (自分で書類作成しなければいけません。最初は何も知らず、イミグレーションで貰っていましたが、ちゃっかり 50,000Rp請求されていました。笑 2017.5.15更新)

 

f:id:satodiving:20170420210532j:plain

 (上の写真の左下にMateraiとあります。ここにMateraiスタンプとスポンサーのサインが必要です。)

 

f:id:satodiving:20170421102942j:plain

(写真見えにくいですね^^; すみません!!)

 

書類はほぼインドネシア語で書かれているので分からない場合はスポンサーに聞きながら記入したほうがいいです!

 

2、3回目訪問は特に必要な持ち物はありません。

2回目に更新手数料が必要なくらいです。

 

先日2回目(3か月目)の更新申請に行ってきたのですが、

1回目必要書類を提出した時、イミグレーションスタッフが

『今手数料払ってくれれば4日後にパスポート引き取りだけでいいよ』と…

しかも『パスポート引き取りはスポンサーいなくてもいいよ』と💛

 

いや~ラッキーですね~

毎回スポンサーについてきてもらうの申し訳なくて…

お金払ってスポンサーになってもらうならいいんですが、

私の場合リゾートのスタッフがスポンサーになってくれているので^^;

 

ちなみにソシアルブダヤビザの取得は代理店にお願いしました。

大使館に直接行ってもよかったのですが、田舎出身なので交通費を考えると代理店のほうが安くなってしまい…笑

 

もしソシアルブダヤビザの更新でご質問あればお気軽にコメント等で聞いてください^^!